五十肩の治し方.com » 腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症は腰痛などの痛みが伴い、腰椎が脊椎から分離してしまうことで起こるため、脊椎分離症とも呼ばれます。

腰椎すべり症の主な原因は椎弓根と椎体が椎弓から引き剥がされるような形になることで発症します、またその原因としては過度のスポーツが原因となる疲労骨折があり、疲労骨折によって引き剥がされた椎弓根が椎体ごとすべることで痛みが発生します。

腰痛にも強いものがあり、ひどいケースでは下半身の痺れ、痛みなどの歩行困難になる症状もあり、また、腰椎分離すべり症になりますと腰椎そのものがずれて上体が前方にせり出すように姿勢が変化してしまいます。

特に陸上競技や野球、サッカーなどをされる方は注意が必要で、その多くの方が腰椎すべり症にかかる確率が高いようです。

走ったり飛んだりといった動作をすると、着地をするたびに衝撃を吸収する脊椎の根元に疲労骨折が起こり、腰椎すべり症になるようです。また、腰椎すべり症の治療としては骨折した箇所がずれて結合が難しくなっているために自然治癒はかなり難しいとされていますが、まず保存療法を試行します。

また若い方で成長期にある場合は自然に治癒される可能性は高いようです。手術をせずに保存療法をするという場合、患部にコルセットを着用してズレを補正することも試みます。

また鍼灸やカイロプラクテイックを受ける方もいらっしゃいます。腰椎すべり症の痛みを抑え、また自然な治癒の効果が期待されるものとしてブロック療法がありますが、筋肉の緊張を緩め、また痛みの伝達を消すことで自然治癒の力を相当期待することができます。

これらの保存療法によっても腰椎すべり症の改善が全く見られない、痛みが増してしまっている、という場合には形成手術する場合が多く、背中を切開し、患部の椎弓根と椎弓をチタンなど人体に影響しない金属製のボルトで接合する、という固定術をすることもあります。

最近はより進んだ方法としてワイヤーなどを用いるインストルメンテーションと呼ばれる手法で腰椎すべり症の手術をするケースも多いようです。