五十肩の治し方.com » ブロック注射

ブロック注射

腰椎椎間板ヘルニアの痛み止めとして効果のある治療法に、ブロック注射があります。また、その他に椎間板内にステロイド剤を注射する椎間板ブロックという治療方法もあります。

他のブロック注射に比べ、椎間板内に針を直接刺すため、処置方法として個人差が出やすい方法です。元々は腰椎椎間板ヘルニアなどの検査のために椎間板造影をした際、症状の軽減が見られることがあったため、開始された方法のようですが、炎症を緩和させ、薬液が腰椎椎間板ヘルニア自体を穿破することで痛みが緩和されます。

これらのブロック注射によって長期間、腰椎椎間板ヘルニアの痛みが治まることもあります。このことは、やはり実際の効き目がある数時間が経過した後も、神経の遮断作用が働いているように感じられますが、実際は治療を行った前よりも幾分か改善の兆しがあることを示しているでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛や下肢痛に対してよく用いられる硬膜外ブロックは、局所麻酔薬を注射することで知覚神経や運動神経、交感神経を遮断します。

また、硬膜外ブロックには仙骨部硬膜外療法と腰部硬膜外療法がありますが、仙骨部硬膜外療法は、殆どの腰椎椎間板ヘルニアが下位腰椎に対しての症状であるために用いられます。

尾底骨部から仙骨というお尻の骨の最下部から局所麻酔薬を注射します。そして腰部硬膜外療法は、上位腰椎の腰椎椎間板へルニアの場合や、仙骨部硬膜外療法が効かなかった時に用いられます。

背骨と背骨の間からブロック針を刺入し、そのまま硬膜の手前まで針を入れ局所麻酔薬やステロイド剤を注入します。ブロック療法は一時的な緩和策である場合、または効き目がほとんど無い場合も多くあります。

そのようなケースでは他の方法で腰椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和をするようになりますが、安静にして、コルセットを装着しても痛みが消えないというケースでは、急性期でも腰椎椎間板ヘルニアの手術をする場合もあります。