五十肩の治し方.com » 腰椎間板ヘルニアの治療

腰椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの中にも、特に多いのが「腰椎間板ヘルニア」と呼ばれる病状であり、放置することで、さらに患部が悪化するなど、炎症を起こす、神経根を圧迫して痛みを引き起こすことでも知られています。

基本的には「保存療法」や「手術」などが用いられることで知られており、また、整骨院や運動などによっても、一部改善することが知られています。

腰椎間板ヘルニアには個人差があり、保存療法によって、一定の効果をあげる人や、そのまま完治に向かう人もいるので、必ずしも適切な方法がないのが実情です。

ただし、MRIなどの検査を行うことで、腰椎に対して、明らかに神経が圧迫されているような画像が得られるような場合、適切な対応や手術を早期にすることが求められるといえます。

このようなケースでも、放置しておくと、患部自体が激痛を伴うなど、非常に痛みを引き起こすことがあるので、治療自体は慎重に行うことが望ましいといえます。

椎間板自体は、改善方法として、保存療法を用いる場合、まず安静にすることと、患部が炎症を起こさないように温熱療法を用いられることが多くあります。

神経自体が圧迫されないようにするために、適切にブロック注射をすることによって、痛みを改善しながら、状況を様子を見るような方法が採用されることがあります。そのほか、鎮痛剤や、ロキソニンなどの痛みどめを服用しながら、状況や経過を見ることがあります。

また、整骨院などによる、物理療法なども適度に行うことで一定の効果が期待できます。患部を動かすことで激痛が走るような場合には、これらが適用できないので、注意が必要です。

また、最終的な方法としては手術が用いられることがあり、ヘルニアの患部を摘出する方法やレーザーなどが整形外科や一部の脳神経外科で行われています。

ただし、必ずしも完治するとは限らず、その後のリハビリや再発する可能性もあるため、慎重に対応することが望ましいといえます。