五十肩の治し方.com » 五十肩とスポーツ

五十肩とスポーツ

五十肩は加齢によって50代になると特に発症しやすくなる症状ですが、加齢の他にも原因となるものとして、スポーツがあります。特にゴルフやテニス、バドミントンなどの肩の消耗が激しいものでは起こりやすく、プレイ後には肩をクールダウンすることがとても大切だといわれます。

また、五十代でこのような運動をすることはとてもよいことです。60代にさしかかると身体の運動器系はかなり落ち込んできますので、老後の生活の質、QOLを上げるためには最善の方法と言えます。また気分が若返る効果もありますので、老化を防ぐことにも寄与します。

ゴルフやテニスは体力の消耗も激しい部類に入りますので、好きな方でも、できればもっとリラックスしてできるものに切り替えるなどの工夫が必要かもしれません。

では、肩にやさしく、またこのような病気を予防するために効果のある運動とはどのようなものがあるのでしょう、まずストレッチやエクササイズは本格的なゲームをするものではありませんが、広義の意味ではスポーツであることに変わりありません。

また五十肩を発症してしまった場合でも高い効果を発揮します。またウォーキングも五十肩には効果があるようです。

腰痛やヘルニアなどにも効果が高いといわれるのがウォーキングですが、誰にでもできる気軽な運動です。また最近はウォーキング専用のシューズもありますし、ウエアーなどもあります。

一式揃えて本格的に実践されている方も少なくありません。1つだけポイントを上げると、ウォーキングには最適なコースが必要です。自然を満喫できて、森林浴ができ、自然のミストをたくさん浴びることができる場所、これさえあれば、他は不要であるとも言えます。

健康を維持するための予防にも治療にも、このように体を動かすことはとても有用です。骨に刺激を与えることで骨粗鬆症を予防し、ロコモティブシンドローム、つまり運動器症候群の予備軍にならないためにも、毎日率先して実行される方が増えています。