五十肩の治し方.com » 健康と疲労回復

健康と疲労回復

慢性疲労、と聞くと、まずいかにもそうであるというよりは、ややこの傾向が強いかな?と自覚している方が多いと思います。

仕事までできなくなっているわけではありませんが、いつもより身体を動かす機会が増えたり、また食事内容がちょっとでも減ったりするのはかなり不安である、というタイプです。

健康をチェックする上で大切なのは自分の疲労度を知ることです。自分では大丈夫、と思っていても、歳をとればそれだけ解消する速度は鈍化します。

まず疲れが増すことでかかる可能性が高い病気や症状を知ることも大切です。腰や肩の凝り、または痛みに始まり、にきびや口内炎、そして胃の調子が悪化して胃潰瘍を招く、十二指腸潰瘍などの可能性も高まりますし、便秘や高血圧、不眠などが重なれば癌の可能性も否定できません。

その他には多くの方が悩んでいる花粉症、アレルギーとして代表的になってきた春先からのいやな症状も、疲労が蓄積して起こることは多いと言われています。

また、このような疲れは身体を使いすぎることで起こる、というのが1つのテーマですが、意外に身体を使っていないからこそ起こる、ともいわれています。

現代社会はとても便利であり、なんでも自動でこなせてしまう時代です。洗濯をする場合も洗濯物を放り込むだけ、食事も生のものが電子レンジで温めれば食べられるという時代に、いかに運動していないか、これをまず自覚して解消していくことが健康には大切かもしれません。

ある調査では1日に歩く歩数の平均値が年々減少している、という結果を導いています。人間は動く動物です。寝るとき以外は、ということも可能ですが、立つより座るほうが多い方がほとんどです。

やはり健康のためにはもっと運動する時間を増やすこと、このためにはリラクゼーションを付加するようなことも健康には大切です。

そして寝る時間、これをもっと増やさなければ、という方も多いですし、睡眠の質をもっと高めるべきとも言えます。自律神経のケアをよくして、快適な眠りを維持すれば、健康状態もかなり上向きになってきます。