五十肩の治し方.com » 指圧と花粉症

指圧と花粉症

毎年春先は多くの方が悩む、といえばやはり花粉症です。日本人にもこのアレルギーを持っている方は多く、毎年の花粉予報には多くの方が注目し、対応策を吟味しなければなりません。

主なアレルギーを起こす花粉としては、杉やヒノキがありますが、これらの花粉によってくしゃみや鼻水などのアレルギーが起こります。

また、これのいやな症状に鼻づまりがあります。春先なのに鼻が始終つまってしまうと、ストレスにも影響します。この鼻づまりを治す効果のあるツボを利用して改善を図る方も多くいらっしゃいます。

ツボを指圧刺激することで、顔の循環が改善します。このために鼻水は順調に流れて出てくるようになりますし、涙もあふれ出てきます。

ブロック注射を用いてどんどん軽減させるという方もおおくいらっしゃいますが、このような単純な方法でもかなり改善できる場合があります。指圧ですから、できればパートナーから押してもらうのが有効ですが、とても単純にできる治療法です。

その他には首の付け根なども花粉症の指圧に適したポイントです。押すと痛みが起こりますが、指先を軽く当ててから頭を動かすことで刺激する、などの方法でもかまいません。

顔の小鼻の上にあるツボが鼻通、びつうです。ここは鼻の調子が悪い時におすすめのポイントです。また目には、太陽、眉の外側の端と目じりの間から一寸ほど外にあるくぼみです。

ツボがどこにあるのか、なかなか専門家でないと判断できない場合も多くあります。まず鼻先から頭のあたりまでを押してみて気持ちがいいポイント、または痛みがあるポイントを見つけて刺激すると効果があります。

アレルギーだけではなく、疲労が蓄積している場合でも鼻づまりは起こります。ですので体質を改善することも大切です。

ツボ指圧によって新陳代謝が良好になると、症状もそれだけ長く改善させることができます。冷え性を予防することも大切です。たとえば野菜ジュースも冷しすぎでは逆効果です。