五十肩の治し方.com » 耐用年数と耐震工事

耐用年数と耐震工事

耐用年数とは、長期間使い続けるモノについての寿命を現す言葉です。また、素材などの物理的、また化学的な性質を表す耐久性という言葉の意味とは違い、経済的、または社会的なそのものの状態を含め、将来どれくらい使用できるものか、を表します。

例えば建築物の場合は、予想しうる生活スタイルの変化にも対応でき、また維持するためのコストについては多すぎると判断されない範囲でのコストを考えた上での年数のことを言います。

例えば耐震工事をした場合、の耐用年数はどうなるのでしょうか、最近は多くの方が気になることだと思いますが、例として耐震基準を満たしていないと判断された建物に対し、耐用年数が約30年、残存耐用年数が3年の建物を改修したとします。

この場合、資本的支出が目的の建物の耐用年数を延長させるに値するのであれば、延長された後の年数で償却されます。

また、この場合、その年数は何年なのかについては、所轄の税務署に確認したほうが都合がよいと思います。一応計算式がありますが、それはとても複雑です。

建物の耐用年数は、その建物の工法や、構造として使用した素材、メンテナンスなどによって様々です。また税法上では、耐用年数は木造が22年、そして軽量鉄骨の場合は19年と定められているようです。

建物の価値として、売却を行う場合の計算は、一般的に15年を経過すると資産価値が無いものとして扱われます。また、土地については、問題なく価値が残りますが、市場の影響は常に出るものです。

耐震工事で大切なことは、まず目的の耐用年数に見合うものを予定しているのか、をかならずチェックすることです。業者によっては、手抜きも手抜き、というような例が山ほどあるというのが実情です。

まず信頼のおける業者に見積もりをもらい、その工事の内容についてもしっかり第三者にチェックしてもらいながら、できるだけ安い費用の見積もりを選択するのがベストな方法と言えます。