五十肩の治し方.com » 頚椎ヘルニアの枕の選び方

頚椎ヘルニアの枕の選び方

頚椎ヘルニアは炎症を起こす患部が首のため、保存療法などの際に一番困るのが眠る時です。眠る時にはカラーを着用しておくわけにはいかないので外しますが、そうなることで固定する物がなくなり痛みが襲ってくるということが頚椎ヘルニア患者にはよくあります。

何とか眠ったとしても、無意識に寝返りなどを打った際に頚椎ヘルニアの痛みが走りそのせいで起きてしまう、ということを繰り返してしまい結局は安眠することが出来ないという日々が続いている方も多く、どうしたらいいのかという相談が病院などでも多いようです。

頚椎ヘルニアでも快適に眠るために何か改善する方法があるとしたら寝具を変えてみるということでしょう。寝返りを打たないようにするというのはさすがに無理なので、寝返りを打ってもあまり頚椎ヘルニア患部に影響がでないような寝具を選ぶようにしましょう。

寝返りを打った時に痛みを感じるのは、主に枕の高さがあっていないからという理由が挙げられます。寝返りを打つことで枕に沈む頭部の位置が変わり、それと同時に沈み方も変わるために患部が揺らされ痛みの原因となっています。

なので、それを予防するためには寝返りを打っても頭の沈み具合や高さがあまり変化しないような物を選ぶと良いかもしれません。

最近では、首の疾患を抱えた人のために、頚椎ヘルニアの枕も数多く販売されており、値段などはピンからキリまでありますが、どうしても寝る時の痛みに耐えられないという方はお試し程度に買ってみてはいかがでしょう。

もちろん、自分で工夫を施して枕の高さが変わらないようにする方もいるので、工夫するとあまりお金をかけずに自分の頚椎ヘルニア症状に合ったものを作ることも可能のようです。

しかし、再発の可能性や悪化の可能性がある頚椎ヘルニアの治療のためというように考えるとちゃんとした製品で頭を安定させて寝たいと考えると試しに買ってみる、という方が多いようです。

市販や通販やさまざまな方法で買えますが、口コミなどを見て自分の頚椎ヘルニアにはどれが合うのか探してみてはいかがでしょうか。