五十肩の治し方.com » 腰痛コルセットとつけ方

腰痛コルセットとつけ方

コルセットには腰痛バンド、腰痛ベルト、骨盤ベルトなど、様々な呼び名があります。また硬性のものをコルセットと呼んだり、軟性のものはベルト、バンドというふうに使い分けている方もいらっしゃいますが、どれも大きな目的には違いがありません。


この目的とは、腰の痛みを治療するものと勘違いされている方が少なくありませんが、この時に体を支える力が弱くなっている筋肉の機能を助け、痛みが出るような姿勢を避けるために用いられるものであることを認識することが大切です。

また腰痛が無い場合でもこの器具は効果があります。つまり予防策としてですが、力仕事をする際などは特に、このような器具を巻いてから作業着を着ている方が多いと聞きます。

腰には誰でも不安を抱えているのです。腰の痛みがある時のサポーターとして、あるいは腰痛予防のため、のどちらの場合でも、頼りすぎはよく有りませんので、まずつけ方として身に付けるべきなのは、多用しすぎないことである、と言えます。

それとつけ方として大事なのが、その選別方法です。最近は1段式ではなく2段式以上のものが多くなっていますが、これは骨盤や股関節などの大切な部位をガードするために有用です。

その他には通気性や肌への影響などを考えたものもあります。肌の弱い方は長時間付けることができない可能性がありますので、これも大切な要素です。

実際のつけ方としては、まず胃を圧迫しないようにすることが大切です。また臍を基準としてその下側に装着すること、ずれないように補助のベルトで仕上げるタイプの場合は、そのベルトをしっかりと左右対称の位置に止めること、そして骨盤をできるだけ広範囲にガードできるようにカバーすること、などがあります。

病院でもかならず装着方法を確認しますので、ナースの方に直接アドバイスをもらう際には、わからないことをきちんと確認しておくことが大切です。