五十肩の治し方.com » リノベーション住宅

リノベーション住宅

中古物件を購入しリノベーションして住むというスタイルはマンションでよく見られますが、もちろん一戸建て住宅でもそれは可能です。

中古マンションは数が多いので一戸建てよりもいい物件を見つけやすいというメリットがありますが、集合住宅なのでマンションによって規約があり、思うようにリノベーションができない場合があります。

壁を取り払ったり、水場を移動したりといった大掛かりな工事だけでなく、壁に穴一つあけるにも許可が必要な場合があります。

対して一戸建て住宅をリノベーションする場合は、物件そのものは中心街に近ければ近いほど高額になり費用はかかりますが、リノベーションに関しては規制がないので自分の思い通りにすることができます。

一戸建ての住宅をリノベーションするのであれば、まず、リノベーション費用見積比較ナビで、費用を比較検討することをお薦め致します。

そして、マンションとのもう一つの大きな違いが外観に対する工事。マンションではエントランスや壁といった共有部分は自分の意思でリノベーションすることはできません。

また、自宅の玄関ドアや窓、バルコニーといった、一見自分の持ち物に見えるような部分でも、外観にかかわるところは交換を含め、工事等は一切許可無く行うことができず、また許可が下りることは非常に稀です。

その点一戸建て住宅の場合は、玄関ドアを個人輸入した個性的なドアに取り替えようが、壁を赤と白のストライプに塗ろうが、いくつ窓を増やそうが、構造的に問題が無ければ全てを自由にデザインすることができます。

予算的に厳しく、土地が狭めの物件しか購入できなかったとしても、屋根を工事して天井を高くしたり、収納場所を増築したりと後からいくらでも変更がききます。

こう書くと断然一戸建て住宅の方にメリットが大きいように聞こえますが、中古マンションの最大のメリットは安価であること。築年数を気にしなければ、驚くような低価格で購入することも可能です。

内装がどれだけ古くて使い物にならなくてもリノベーション前提であれば全く問題ありませんので、低予算で理想の住まいを手に入れることも可能です。自分の生活スタイルに合った方法でリノベーションを楽しみましょう。