五十肩の治し方.com » 体操ついて

体操ついて

五十肩になってしまい、強い痛みが治まってきたらリハビリの為に五十肩の体操をはじめましょう。硬くなってしまった肩関節を動かさずにいると拘縮(こうしゅく)といってに関節の動く範囲が狭くなった状態になってしまいます。

関節をしばらく動かさないでいると,後で動かすときに、こわばった感じがすることを経験されたことがある人もいるかもしれませんがこの「関節を動かさない」という状態が長く続くと,本当に動かなくなってしまいます。

五十肩は炎症の強い時期には強い痛みを伴いますので、症状が落ち着いても痛みを覚えてしまったせいで動かさずいる方も多いのです。こうなると動く範囲が狭くなったままになってしまいます。

可動域が狭いままだと五十肩が良くなった後でも腕があがらない、肩が回せないままになってしまい困ります。痛みの具合や症状の具合どのくらいの時期から運動を始めてよいかなどを医師に相談をして許可を得てから始めましょう。

リハビリで理学療法士による筋肉をマッサージしたり腕をもってもらい上げるという方法ですがこれは肩関節周囲の筋・靭帯・関節包・滑液包などの弛緩が目的になります。

また、自分で出来るストレッチや体操もありますので、行ってみましょう。注意点として強い痛みが出た場合はやめる、温めてから動かす、目標を定める、無理をしないことです。では、簡単なストレッチや体操をご紹介します。

まず、両手を頭の後ろで組んでください。そして肘を開いたり閉じたりするだけです。これは場所を選ばずに出来ますね。特別な道具もいらないので時間が出来た時や仕事の合間にも出来ます。

次に行っている方も多い五十肩の運動ですがアイロンなどを手に持ち肩関節を前後左右に振る体操です。

少しユニークな呼ばれ方をしていてアインロン体操と呼ばれています。これは、アイロンの重みを利用して振り子のように前後左右に肩関節を振って可動範囲をひろげるというものです。運動する前には体を温めておくと血流が良くなるので運動効果があります。

蒸しタオルなどで、肩を温めてから行ったり、お風呂に入った後などに行うのも効果的です。首や手足などの痛みのない部分を軽く動かしてから行うのも効果的です。最初に前かがみになり痛みのない方の手を机や台に置きます。

次に痛みのある方の手でアイロンを提げて肩の力を抜き前後にゆっくり振る、左右に振る、円を描くように大きく回すといった運動です。同じ原理で、アイロンの代わりに水の入ったペットボトルを用いて、少しずつ水の量を調節して行うことも出来ます。

水の量は調節ができるのでアイロンを使ってみて痛くて出来ない場合はペットボトルを使って自分に合う水の重さに調整して運動してみましょう。

前後にゆっくり振る、左右に振る、円を描くように大きく回す運動をそれぞれ10往復を1回とし、最初は無理をせず1日1回だけ行ってみましょう。

なれてきたら、徐々に回数を増やし、前かがみの角度も深くして行きましょう。激痛や炎症がある時に頑張りすぎ、無理のしすぎは良くありません。かえって悪化させてしまうことになるかもしれません。

また、不安な場合は、医師・専門家の指導のもと行うようにしてください。運動中に異変を感じたらすぐに中止して、医師の診断を受けましょう。くれぐれも、無理をしない程度に五十肩が改善できるように、自分でできる運動も積極的に行ってみましょう。