五十肩の治し方.com » マンションの劣化

マンションの劣化

配管の劣化も一度直してもまた10年後には劣化してきます。壁のクロスなどもタバコをすう環境ならあっという間にヤニで汚れてしまいますし、タバコをすわない環境でも日光で日焼けしてしまいます。

そして、家族環境の変化によっては間取り変更も考えられます。マンションを購入したときは、夫婦2人の生活でもそこに子供が1人生まれ、2人生まれと家族も増えてくることとでしょう。

その場合、間取りの改装の工事が必要となる場合があります。マンションは、限られたスペースをいかに住み易くするかがとても重要です。

そのためにも、家族計画と同様に修繕の計画も早めの段階で話し合い、何年後にどのような工事が必要か考える必要があると思います。

マンションですと、毎月家賃とは別に修繕積立費というものを取られる場合がほとんどです。この修繕積み立て費は、外壁の塗装や共有スペースの改装など住民税員が住みやすい環境にするための費用です。

内部については個人のものですが、その他の部分はみんなの共有の部分です。外部も劣化していくのでそのための修繕は永きにわたって発生してきます。