五十肩の治し方.com » 接骨院の診療代について

接骨院の診療代について

接骨院というのは「柔道整復師の資格を持った者が、業務として柔道整復を行う施術所」のことです。

ちなみにこの接骨院の名称には、「整骨院」、「ほねつぎ」という、非常によく似たものが幾つかありますが、これらの意味についてはご存知でしょうか。実はこれらはすべて俗称です。「柔道整復師法」と呼ばれる法律によって、正式名称が定められています。

この法律で定められている正式名称は、「柔道整復師施術所」になります。なぜ、複数のややこしい名称を用いているかというと、施術所に関して、正式名称を使用する場合には広告の規制を受けてしまうからです。

そのため、複数の俗称を用いているのです。さて、接骨院を開く際に必要となる資格は先に述べたとおり、法律で定められている資格です。これを取得すれば、「医業類似行為」である柔道整復術を行うことを目的とした接骨院の開設が可能となります。

このような接骨院で認められている業務範囲は、「外傷による捻挫・打撲・挫傷・脱臼・骨折の怪我」を治癒させるための施術、となります。また、医師の同意があれば、脱臼と骨折の治療を行うことも可能です。しかし、その一方で、外科手術やレントゲンの撮影、投薬は認められていません。

さて、実際に利用するとなると気になるのが診療代ですよね。診療代というか、要するに、「健康保険の適用は可能なのか」ということです。これらの技術はは国家試験が行われている国家資格ですが、「医師」ではないので診断書を書く資格はありません。

しかし、接骨院の診療代において健康保険や自賠責保険、労災保険が適用される場合があります。この場合の診療代で保険が適用される範囲は、柔道整復師の認可業務として定められている、「打撲」、「捻挫」、「挫傷」、「骨折」、「脱臼」の5つです。