五十肩の治し方.com » 仙骨ブロック注射とは

仙骨ブロック注射とは

腰痛や坐骨神経痛などの原因が明らかで、薬物療法や理学療法などの治療が思うような効果が出ない場合、また、頚椎椎間板ヘルニアの頭痛などの症状が酷いときに、神経ブロック注射が行われます。

その神経ブロック注射の中の硬膜外ブロックという手法があり、安全性も高いので良く使用されます。硬膜外ブロックには打つ場所による種類があり、それは腰椎に注射をする腰椎硬膜外ブロックと仙骨硬膜外ブロックとなっています。

ここで後者の仙骨硬膜外ブロック注射は硬膜外ブロック注射の中でも比較的安全に処置が出来、合併症も殆ど起こらないので当然症状にはよりますが、神経ブロック注射を行うとなった場合のファーストチョイスとして考えやすいものだと言えます。

実際の処置方法としては尾てい骨部から行います。仙骨というお尻の骨の最下部に硬膜外腔につながった穴があるので、そこから局所麻酔薬を注入することでお尻から足の先まで効果的な鎮痛作用が期待できます。

病院ではまずうつ伏せに寝ころびお尻の部分に枕のような補助具を置きお尻が突き出た格好になります。そしてその状態から先程記述しました通りの目的の場所に向かい、大体お尻の割れ目の高い部分にブロック針を刺入させていきます。

仙骨硬膜外ブロック注射は腰椎硬膜外ブロック注射に比べて安全だと述べましたが、仙骨硬膜外ブロック注射は硬膜という身体の部位を損傷させる可能性が少ないことが理由に挙げられます。

しかし、処置時の痛みという点では一般的に仙骨硬膜外ブロック注射は比較的強い痛みを感じる治療法となっています。刺入中に骨に針が当たることも珍しくなく、そう言った点では処置には多少の忍耐が必要かもしれません。

ただ、現代の医学ではブロック注射には針径の細い針を用い事前に痛み止めも作用させますので、それほど過剰に心配する必要はありません。安心して受けて頂いて大丈夫です。