五十肩の治し方.com » すべり症治療と鍼灸

すべり症治療と鍼灸

すべり症は椎骨が強烈な負荷などによって主に前方にずれることにより脊柱管の神経を圧迫し、腰や背中に激しい痛みや足などに痺れが出る辛い病気です。

すべり症などの腰や背中周りの病気の治療には鍼灸が良く用いられています。こうした東洋医学による治療は昔から行われており、現在でも病院などで受ける保存療法と併用して治療を行ったり、手術後の痛みや再発を抑えるために利用している方は非常に多いようです。

鍼灸による治療は突き出た骨を元の位置に戻したりするものではありません。すべり症の症状である慢性的な痛みやだるさなどを、血行を改善させることによって和らげたり痛みによって緊張してしまった筋肉をほぐしたりして身体に掛かる負担を減少させるための治療として活躍します。

そのためこれだけではすべり症の根本的な解決はあまり期待できないので、基本的には筋力の増強が治療には不可欠です。

こうした治療を行う整骨院や整体院は非常に多くありますが、やはり腕の良い施術家に依頼しないと効果が期待できないそうです。

下手をすると逆にすべり症が悪化するような施術を受けることもあるそうなので、整骨院や整体院を選ぶ時は慎重に選ぶようにしましょう。

最近はインターネット等でもそうした整骨院や整体院の感想を掲載している口コミサイトなどの情報源は多くあるので積極的に利用しておきましょう。

またそうした施術家と話をする機会はある時は自分の症状を正確に伝えて行うべき治療やどんな効果が期待できるかなど細かい情報をしっかりと聞き、本当にその治療が自分に必要なのかをしっかりと判断しましょう。

無駄な治療でお金を消費して逆に身体を悪くしてしまっては何の意味もありません。病気を治療する時は確実に病気を治療するための知識や情報をしっかりと身に付けておきましょう。